自動車保険 車両保険

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 08-03-2014

車両保険は保険料が高い?

 

クルマ同士の事故で、相手に全面的な責任があれば、自分のクルマを相手に修理してもらえるが、実際の事故では、、被害者のように思える側にも何割かの責任が認定されることが多い。

 

その割合分は相手から修理代がもらえず、自己負担に芯る。

 

こうした場合でも、車両保障に加入していれば、自己負担分が保険金として支払われる。
車両保険は保険料が高いと思いこんでいる人が多い。

 

これは保険料が高くなりやすい(=料率クラスが高い)一部のクルマの保険料の話を耳にすることが多いためだ。

 

確かに、事故を起としやすいスポーツタイプのクルマや、ちょっとしたキズでも修理代が高くなりがちな高級車の車両保険は高い。

 

しかし、般的なファミリタイプのクルマの場合、驚くほどの保険料ではないととも多い。

 

とりあえず見積もりを依頼してみるといい。

 

 

 

エコノミータイプの車両保険

 

車両保険には補償の範囲によっていくつかのタイプがあるが、基本となるのは「一般車両保険」と「厳指+髄量A磁を」の2種類で、その他のタイプは実質的に扱いをやめている会社もある。

 

もっとも安心できるのは「一般車両保険Jだが、保険料を安くしたいのなら「車対車+限定A特約」を選んでもいい。

 

当て逃げのように相手が特定できない事故や、自分で電柱にぶつかったような自損事故は補償されないが、保険料は安くなる。
なお、「車対車+限定A特約」はエコノミータイプの車両保険と呼ばれるもので、名称は告社でさまざま。

 

「エコノミー車両保険+限定A特約」や「エコノミー車両保険ワイドAJだったりする。

 

ただし、工コノミの言葉が入った車両保険のなかには、さSIこ補償範囲が狭いタイプのものが含まれていることもあるので、契約時には補償の範囲をしっかり確認すべきだ。

 

 

免責を設定すると車両保険の保険料をおさえられる

 

車両保険は免責を設定すると保険料を5万円を超えた分だけになる。
おさえることができる。

 

免責とは、その一般車両保険とエコノミータイプの車金額までの損害は補償してもらえないと両保険の遣いや、免責の有無や免責金額いうこと。

 

たとえば5万円の免責を設定の違いによる保険料の差は、保険会社にしてあると、損害額が5万円以下の場合よっても異なるし、契約者のいろいろなは保険金が支払われない。

 

損害額が5万条件によっても遣ってくるので、さまざま円を超えた場合も、受け取れる保険金はな条件で見積もりを依頼してみるといい。

 

 

 

自動車保険 人身傷害補償保険

0

Posted by syusyu1 | Posted in 車の税金 | Posted on 07-03-2014

自分や家族を手厚くカバー

 

現在、保険会社が力を入れているのが父道高雀補色保様(または人身傷害補償特約)だ。

 

自分自身や家族を手厚く補償することができる。

 
交通事故では当事者双方に責任が認定されることが多い。

 

ごうした場合、自分の責任分は相手かう賠償してもらえない。

 
単独で電柱に衝突したような自損事故の場合も、賠償金はまったくもらえない。

 
同乗者であっても家族以外の他人なう、指父齢詰長践を使うことができるが、一般的なセット保険のなかで自分や家族の死傷をカバーできるのは搭乗者傷害保融だけ。

 

しかも、大きな保険金が支払われるのは死亡時ゃ援金百告がある場合のみ。

 

ケガの場合に支払われる医療保険金では、治療費のすべてを力バーできるとは限らない。

 

そこで登場したのが人身傷害補償保険だ。

 

相手に賠償してもらえ芯い自分の責任分を補償してもらえる。

 

自損事故の場合はもちろん、100%加害者になった場合でも、自分や家族の死傷をカバーすることができる。

 

 

支払いや交渉にもメリット

 

人身傷害補償保険は、これまでの自動車保険で補償され芯い部分をカバーできる以外にも、さまざまなメリットがある。

 
相手のある事故の場合、示談交渉がまとまったり裁判が終わるまで賠償金が支払われないのが普通だ。

 

かなり時聞がかかるとともあり、当座の治療費にこまることもある。

 

しかし、人身傷害補償保険を契約していれば、自分の保険会社が被害の総額を算定し、その全額を保険金として支払ってくれる。支払いまでの期間も短
く、スピディに対応してくれることがほとんど。

 

相手からの賠償金の回収は、自分の保険会社が行ってくれる。

 

また、100%被害者の場合、自分のセット保険かうは保険金の支払いがないため、相手との交渉に自分の保険会社が参加しないことが多い。

 

ブロである相手側の保険会社の人間と個人で交渉を行うのは大変だ。

 

しかし、人身傷害補償保険を契約していれば、こうした場合の交渉もすべて自分の保険会社の人聞にまかせることができる。

 

 

さまざまな交通事故の補償

 

保険会社によって内容は少しすつ異なるが、人身傷害補償保険は保険を契約しているクルマに乗っている時ばかりでなく、さまざまな交通事故でも補償されることが多い。

 

ほかのクルマに乗っている時はもちろん、歩行中や自転車乗車中の交通事故も対象にされるとともある。

 

契約したら、どのような事故が対象になっているかを確認しておくべき。

 

せっかく補償されているのに、請求しなければ保険金は支払われない。

 

 

自動車保険年齢条件&家族限定

0

Posted by syusyu1 | Posted in 車の税金 | Posted on 04-03-2014

年齢条件

 

自動車保険を契約する際には、さまざまな条件を設定することができる。

 

そのなかで保険料への影響がもっとも大きい割引制度が年齢条件だ。

 

多くの保険会社では、「全年齢担保」、「21歳未満不担保」、「26歳未満不担保」、「30歳未満不担保」の4種類の年齢条件を設定していることが多い。

 

担保とは補償という意昧だと考えればいい。

 

最近ではわかりやすくするために、たとえば21歳未満不担保を21歳以上限定補償としている会社もある。

 

年齢条件で若い人を除外すれば、当然のごとく保険料が安くなる。

 

会社によって設定基準は異なるが、30歳未満不担保にすると、全年齢担保の場合の保険料の半額近くになることも多い。

 

 

運転者家族限定

 

自動車保険は、保険をかけてあるクルマを誰が運転しても年齢条件を満たしていれば補償が受けられるのが基本。

 

不特定多数の人を対象にしているわけだが、運転者家族限定などと呼ばれる割引制度では、補償する対象を家族だけに限定することで保険料が安くなる。

 

この場合の家族とは、同居の親族と、生計をともにする別居で未婚の子供というのが一般的。

 

生計をともにするとは、はなれて暮らしているが生活費は親が負担しているということだ。

 

最近では契約した本人だけが補償される運転者本人限定という割引制度がある会社もある。

 

ただいこれうの条件で割り引かれる保険料は数%以下。

 

年齢条件に比べるとわすかなものだ。

 

 

補償の内容をかえずに受けられる割引制度はぜひとも活用

 

自動車保険の保険料は、その時の契約者家族限定は自分で選ぶことによって保者やクルマの状況で保険料が決まること険料をかえられる要素だ。

 

補償の対象はがほとんど。

 

もちろん、保険金額(保険金制限されることになるが、運転をかわるの上限)を下げれば保険料が安くなるが、人に注意すれば、保険料を安くできる。

 
それでは十分な補償が受け5れなくなる。

 

このほかにも、補償内容をかえずに、定のレペルは維持すべきで、現状より自分で少し努力するだけで保険料の割引保険金額を上げる方向で考えるべき。

 

苅が受けられる制度もある。

 

すべての保険弱出百長践の保険金額は1000万円前後会社が採用しているわけではないが、早のととが多いが、クルマごと居舗に突入めに契約することで受けられる早期契約して賠償金額が1億円を超えた例もある。

 

割引や、インターネット上で契約をすませそのため最近では無制限の保険金額をすると受けられるインターネット契約割引、すめる保険会社もある。何年分かをまとめて契約すると受けられそんななかにあって、年齢条件や運転る複数年契約割引などがある。

 

 

基本的には等級が上がるほど保険料が安くなる

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 03-03-2014

自動車保険の基本中の基本といえる割る会社が多い。

 

会社をかえても等級は受引割増制度が尋議副長だ。

 

等級ごとにけ継がれるのが基本だが、17等級以上保険料の割引率ー割増率がかわり、一般は各社独自の等級と考えられているので、的に等級が上がるほど保険料が安くなる。

 

17等級以上の人が会社をかえた際には、1年間保険を使わないと翌年の契約では新たな契約が16等級になることもある。

 
1等級上がるが、保険を使うと3等級ダウ現在では保険会社ごとに等級の数や等級ン。

 

保険を使う事故を起こさない期間がごとの割引・割増率が異芯るが、ほとん長いほど安全なドライバーと判断され、どの会社が16等級で最大の割引率にな保険料が安くなるしくみだ。

 

り、それ以上は割引率がかわらない。

 

等級制度の段階数は、以前は16等級まり、会社をかえても最大の割引率は引だったが、現在は20等級まで増やしていき継がれるわけだ。

 

 

小さな事故の際には自動車保険を使わない方がいい?

 

よく「小さな事故では保険を使わないただし、現在では等級制度とは別に前ほうがいい」といわれる。

 

これは、保険を年無事故割引を採用している保険会社が使うと等級が下がり、保険料が上がるか多い。

 

そのため、保険を使っても割引率らだ。

 

その時の等級によっては割引-割が変化しない等級でも、この割引は適用増率が30%も変化する。保険料の変化されなく芯るため、保険料が少し上がる。

 
は翌年だけでは芯し1。以降は無事故が続また、保険を使うと等級が下がるのがいたとしても、最高の割引率の等級に達基本だが、なかには尋議議量事設としてするまで保険料の差が積み重なっていく。

 

扱われるものもある。

 

たとえば、謡要量しかし、現在が最高に近い等級なう、議1当機ゃ父副議、1省首長様だけを使つ保険を使っても割引率が変化しないことた場合は、現在の契約と同じ等級が翌年がある。

 

といった具合に、保険は制度を採用している保険会社なら、20等非常に複雑で奥が深い。

 

保険を使うと有級で保険を使って翌年が17等級になっ利か不利かの判断は非常にむずかしいのても割引率は変化しない。

 

18等級で保で、事故の際には悩ますに、ますは保険険を使っても割引率の変化は5%ですむ。会社に相談してみるといい。

 

事故にあって自動車を処分するなら今すぐコチラ。

 

 

 

自動車保険通販式とリスク細分型

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 02-03-2014

通販式と代理店式

最近増えているのが電話やインターネットによる通信販売で自動車保険を扱う保険会社だ。

 

こうした通販式自動車保険に対して、従来の販売方式のものを代理店式自動車保隙という。

 

クルマの販売目やガソリンスタンドが保険会社の代理屈になっているので、身近な場所で契約できるが、会社の経費として代理屈手数料が必要だ。

 

通販式ではかわりに電話オペレーター芯どの人件費がかかるが、一般的には通販式のほうが経費をおさえられるので、保険料が安くなる傾向がある。

 
通販式には人間的なつながりがないので、事故時の対応を心配する人もいるが、どちらの方式でも事故処理は保険会社の人聞が行うので同じだ。

 

 

代理屈式であれば、疑問点にも即座に答えてくれそうだが、保険を議うで扱う代理屈以外には、意外に詳しくない人もいる。

 

 

通販式の電話オペレーターは一定の知識を備えているし、むずかしい質問の場合には遣う担当者がかわって答えてくれたりする。

 

 

 

リスク細分型自動車保険

 

通販式同様に最近増えているのがリスク組お謹白討論縦だ。

 

保険は統計をベースに確率によって保険料を算出するのが基本。

 

事故を起こすリスク(危険性)が高いほど、保険料が高くなる。ほとんどの自動車保険に取り入れ5れている年齢条件(P221参照)がその代表だ。

 

統計上、若い人ほど事故を起としやすい。

 

そのため26歳未満不担保(26歳未満の人が運転していた場合は補償が受け5れない)という条件で契約すると、危険性が低くなり、保険料が安くなるわけだ。
リスク細分型保険は、こうしたりスクを判断する要因の数を増やしたもの。

 

クルマの使用目的や年間走行距離などさまざまなリスク要因がある。安く芯る要因が多いドライバーなう、従来型保険より保険料が大幅に安くなる。逆に保険料が高く芯る人もいるのだが、リスク細分型保険を扱う保険会社は通販式を採用していることが多いため、そのメリットによって保険料が安くなることもある。

 

自動車保険 保険料制度

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 02-03-2014

リスク組お謹白話単品績では、クルマの使用目的がリスク要因に採用されることが多い。

 

各社で微妙な違いもあるが、使用目的別保険料では「レジャー」、「通勤通学」、「業務」の3種に区分されていることが大半で、この順に保険料が高くなる。
見積もりの依頼や契約の際には、使用目的の申告が必要に芯るが、その際には注意が必要だ。

 

たまには通勤や通学で使うことがある人は、保険料の安い「レジャー」で契約できないと思ってしまうが、実際にはほとんど毎日クルマで通勤や通学
するのでなければ「レジャー」で契約でさることが多い。

 

ただし、細か芯規定は会社によって異なるので、見積もりゃ契約の前には必す確認すべきだ。

 

 

走行距離別保険料

 

走行距離別保険料を採用する保険会社も多い。

 

各社で区分の数も区分の境目になる距離も異なるが、距離が長く芯るほど保険料が高くなる。

 

最近では、残った走行距離を翌年に繰り越せる会社も登場しているが、多くの会社では無理。
自分の年間走行距離がどとかの区分に収まる人は問題ないが、境目の距離付近の場合は悩んでしまう。たとえば「5000km以下」、「5000km超1万km以下」、「l万km超」の3区分がある場合、年間走行距離が1万km程度の人は、念のために「l万km超」を選ぶことが多い。

 

確かに、との区分を選べば安心だが、保険料を少しでも安くしたいのなら「5000km超1万km以下」の区分を選んでも大丈夫だ。

 

そのうえで走行距離が1万|仰を超えそうになった、保険会社に連絡して差額の保険料を払えばいい。

 

もし、1万kmを超えなければ、そのままでOKだ。ただし、連絡を忘れると、いざという時に困ったことになるので要注意。

 

もちろん走行距離もこまめにチェックする必要がある。保険料を少しでも安くしたいのなら、こうした地道な努力もしなければならない。

 

 

排気量で決まる保険料と型式で決まる保険料

 

車両保険以外の自動車保険についてはラスがあり、もっとも保険料が安くなる料排気量別保険料が採用されているととが率クラスと、もっとも高くなる料率クラ大半だ。

 

ガソリンエンジンの場合、軽自ス9を比べると、車両保険部分の保険料動車以外では1500ccと2500ccを境目が4倍以上ということもある。
にして3つに区分されているのが一般的。

 

しかし、リスク細分型自動車保険では、総排気量が大きくなるほど、2割程度すlOOOccと2000ccの境目を加えて排気つ保険料が高くなっていく。

 

いっぽう、量別保険料を5つの区分にしたり、すべ車両保険は道議議髄躍が採用されていての保険について車両保険と同じようにる。

 

クルマの塾長ごとに9段階の将語ク型式別保険料を採用している会社もある。

 

ハーレー 買取・・・ハーレーを高く売りたいなら

 

 

自動車保険の種類

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 01-03-2014

自賠責保険だけでは不十分

クルマを購入したり車検の際に加入する自動車保険が自動車損害賠償責任保険(自賠責)だ。

 

被害者保護のために法律で加入が義務づけられているため、強制保険と呼ばれる。

 

自賠責の保険金の上限は、相手が死亡の場合で1事故1名あたり3000万円、議量直筆で4000万円。

 

しかし、実際の事故では、自賠責だけでは相手の死傷に対する損害賠償がまかなえ芯いことが多い。

 

不足分は自己負担となる。

 

しかも白賠責は父当事設だけが対象。相手のクルマの修理代やガードレールなどといった苅概五百は補償されない。

 
こうした対物賠償や不足する苅苅舗をおぎなってくれるのが、自賠責とは別に契約する自動車保険だ。

 

強制保険に対して佳首長践というが、単に自動車保険といった場合には、任意保険をさすことがほとんどだ。

 

 

任意保険で自賠責をカバー

任意の自動車保険は下の6種類のうち車両保険をのぞく5種類のセット保険が一般的。

 

これに車両保険や、その他さまざまな保険を組み合わせて契約できる。

 
5種類の保険のうち、対人賠償保険と対物賠償保険は、事故の加害者になり損害賠償が必要になった時に備えるもので、自動車保険の中心的存在だ。

 

それぞれ他人の死傷と、他人の物の損害に対して保険金が支払われる。
また、事故では被害者になることもあれば、不注意で単独事故を起こすこともある。

 

こうした時に自分や家族の死傷を最低限カバーするものとして、残る3種類の保険が加えられている。車両保険も自分のクルマの損害をカバーするものだ。
最近では、さらに家族などを手厚く補償できるように人身傷害補償保険を加えるととも増えている。

 

 

基本となる6種類の保険

 

対物賠償保険

 

相手を死傷させた際に備える保険。

 

相手が死亡した場合や後遺障害がある場合はもちろん、治療費や休業損害なども補償される。

 

同乗者であっても家族以外ならば補償の対象。

 

保険金額は無制限にするのが一般的。

 

 

対物賠償保険

 

他人の物を壊した際に備えるお兼。

 

相手の車や積み荷のほか、建物やガードレールなどの損害も補償される。

 

店舗やガードレールなどの損害も補償される。

 

店舗などを壊した際の休業補償も可能。

 

保険金額は500万~1000万円のことが多いが、無制限まで可能。

 

 

 

自損事故保険

 

ドライバー自身の過失による自損事故に備える保険。

 

対物賠償保険に自動的にセットされる。

 

補償の対象はドライバーで、死亡時1500万円、後遺症50万~1500万円のほかに治療費をカバーする医療保険金もある。

 

 

搭乗者傷害保険

 

ドライバーを含め同乗者すべての死傷に備える保険。

 

家族も対象で、事故の責任が自分の側でも補償される。

 

死亡や後遺障害に対する保険金と医療保険金が支払われる。

 

保険金額は500万~2000万円程度のことが多い。

 

 

無保険車傷害保険

 

被害者に芯ったが、加審者が保険に加入していなかったり、保険金額が十分でなかった場合に備える保険。不足分がおぎなわれる。

 

対人賠償保険に自動的にセットされるもので、保険金額は2億円以内で対人賠償保険と同額。

 

 

車両保険

自分のクルマの損容を補償する保険。

 

事故の相手に賠償してもらえない部分を力パできる。

 

各種タイプがあり、自損事故やいたずらの損害が補償されるものもある。

 

保険金額の決め方にはさまざまな方法がある。