自動車保険 保険料制度

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 02-03-2014

リスク組お謹白話単品績では、クルマの使用目的がリスク要因に採用されることが多い。

 

各社で微妙な違いもあるが、使用目的別保険料では「レジャー」、「通勤通学」、「業務」の3種に区分されていることが大半で、この順に保険料が高くなる。
見積もりの依頼や契約の際には、使用目的の申告が必要に芯るが、その際には注意が必要だ。

 

たまには通勤や通学で使うことがある人は、保険料の安い「レジャー」で契約できないと思ってしまうが、実際にはほとんど毎日クルマで通勤や通学
するのでなければ「レジャー」で契約でさることが多い。

 

ただし、細か芯規定は会社によって異なるので、見積もりゃ契約の前には必す確認すべきだ。

 

 

走行距離別保険料

 

走行距離別保険料を採用する保険会社も多い。

 

各社で区分の数も区分の境目になる距離も異なるが、距離が長く芯るほど保険料が高くなる。

 

最近では、残った走行距離を翌年に繰り越せる会社も登場しているが、多くの会社では無理。
自分の年間走行距離がどとかの区分に収まる人は問題ないが、境目の距離付近の場合は悩んでしまう。たとえば「5000km以下」、「5000km超1万km以下」、「l万km超」の3区分がある場合、年間走行距離が1万km程度の人は、念のために「l万km超」を選ぶことが多い。

 

確かに、との区分を選べば安心だが、保険料を少しでも安くしたいのなら「5000km超1万km以下」の区分を選んでも大丈夫だ。

 

そのうえで走行距離が1万|仰を超えそうになった、保険会社に連絡して差額の保険料を払えばいい。

 

もし、1万kmを超えなければ、そのままでOKだ。ただし、連絡を忘れると、いざという時に困ったことになるので要注意。

 

もちろん走行距離もこまめにチェックする必要がある。保険料を少しでも安くしたいのなら、こうした地道な努力もしなければならない。

 

 

排気量で決まる保険料と型式で決まる保険料

 

車両保険以外の自動車保険についてはラスがあり、もっとも保険料が安くなる料排気量別保険料が採用されているととが率クラスと、もっとも高くなる料率クラ大半だ。

 

ガソリンエンジンの場合、軽自ス9を比べると、車両保険部分の保険料動車以外では1500ccと2500ccを境目が4倍以上ということもある。
にして3つに区分されているのが一般的。

 

しかし、リスク細分型自動車保険では、総排気量が大きくなるほど、2割程度すlOOOccと2000ccの境目を加えて排気つ保険料が高くなっていく。

 

いっぽう、量別保険料を5つの区分にしたり、すべ車両保険は道議議髄躍が採用されていての保険について車両保険と同じようにる。

 

クルマの塾長ごとに9段階の将語ク型式別保険料を採用している会社もある。

 

ハーレー 買取・・・ハーレーを高く売りたいなら

 

 

Write a comment