自動車保険 車両保険

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 08-03-2014

車両保険は保険料が高い?

 

クルマ同士の事故で、相手に全面的な責任があれば、自分のクルマを相手に修理してもらえるが、実際の事故では、、被害者のように思える側にも何割かの責任が認定されることが多い。

 

その割合分は相手から修理代がもらえず、自己負担に芯る。

 

こうした場合でも、車両保障に加入していれば、自己負担分が保険金として支払われる。
車両保険は保険料が高いと思いこんでいる人が多い。

 

これは保険料が高くなりやすい(=料率クラスが高い)一部のクルマの保険料の話を耳にすることが多いためだ。

 

確かに、事故を起としやすいスポーツタイプのクルマや、ちょっとしたキズでも修理代が高くなりがちな高級車の車両保険は高い。

 

しかし、般的なファミリタイプのクルマの場合、驚くほどの保険料ではないととも多い。

 

とりあえず見積もりを依頼してみるといい。

 

 

 

エコノミータイプの車両保険

 

車両保険には補償の範囲によっていくつかのタイプがあるが、基本となるのは「一般車両保険」と「厳指+髄量A磁を」の2種類で、その他のタイプは実質的に扱いをやめている会社もある。

 

もっとも安心できるのは「一般車両保険Jだが、保険料を安くしたいのなら「車対車+限定A特約」を選んでもいい。

 

当て逃げのように相手が特定できない事故や、自分で電柱にぶつかったような自損事故は補償されないが、保険料は安くなる。
なお、「車対車+限定A特約」はエコノミータイプの車両保険と呼ばれるもので、名称は告社でさまざま。

 

「エコノミー車両保険+限定A特約」や「エコノミー車両保険ワイドAJだったりする。

 

ただし、工コノミの言葉が入った車両保険のなかには、さSIこ補償範囲が狭いタイプのものが含まれていることもあるので、契約時には補償の範囲をしっかり確認すべきだ。

 

 

免責を設定すると車両保険の保険料をおさえられる

 

車両保険は免責を設定すると保険料を5万円を超えた分だけになる。
おさえることができる。

 

免責とは、その一般車両保険とエコノミータイプの車金額までの損害は補償してもらえないと両保険の遣いや、免責の有無や免責金額いうこと。

 

たとえば5万円の免責を設定の違いによる保険料の差は、保険会社にしてあると、損害額が5万円以下の場合よっても異なるし、契約者のいろいろなは保険金が支払われない。

 

損害額が5万条件によっても遣ってくるので、さまざま円を超えた場合も、受け取れる保険金はな条件で見積もりを依頼してみるといい。

 

 

 

Write a comment