自動車保険通販式とリスク細分型

0

Posted by syusyu1 | Posted in 自動車保険 | Posted on 02-03-2014

通販式と代理店式

最近増えているのが電話やインターネットによる通信販売で自動車保険を扱う保険会社だ。

 

こうした通販式自動車保険に対して、従来の販売方式のものを代理店式自動車保隙という。

 

クルマの販売目やガソリンスタンドが保険会社の代理屈になっているので、身近な場所で契約できるが、会社の経費として代理屈手数料が必要だ。

 

通販式ではかわりに電話オペレーター芯どの人件費がかかるが、一般的には通販式のほうが経費をおさえられるので、保険料が安くなる傾向がある。

 
通販式には人間的なつながりがないので、事故時の対応を心配する人もいるが、どちらの方式でも事故処理は保険会社の人聞が行うので同じだ。

 

 

代理屈式であれば、疑問点にも即座に答えてくれそうだが、保険を議うで扱う代理屈以外には、意外に詳しくない人もいる。

 

 

通販式の電話オペレーターは一定の知識を備えているし、むずかしい質問の場合には遣う担当者がかわって答えてくれたりする。

 

 

 

リスク細分型自動車保険

 

通販式同様に最近増えているのがリスク組お謹白討論縦だ。

 

保険は統計をベースに確率によって保険料を算出するのが基本。

 

事故を起こすリスク(危険性)が高いほど、保険料が高くなる。ほとんどの自動車保険に取り入れ5れている年齢条件(P221参照)がその代表だ。

 

統計上、若い人ほど事故を起としやすい。

 

そのため26歳未満不担保(26歳未満の人が運転していた場合は補償が受け5れない)という条件で契約すると、危険性が低くなり、保険料が安くなるわけだ。
リスク細分型保険は、こうしたりスクを判断する要因の数を増やしたもの。

 

クルマの使用目的や年間走行距離などさまざまなリスク要因がある。安く芯る要因が多いドライバーなう、従来型保険より保険料が大幅に安くなる。逆に保険料が高く芯る人もいるのだが、リスク細分型保険を扱う保険会社は通販式を採用していることが多いため、そのメリットによって保険料が安くなることもある。

 

Write a comment