自動車保険 人身傷害補償保険

0

Posted by syusyu1 | Posted in 車の税金 | Posted on 07-03-2014

自分や家族を手厚くカバー

 

現在、保険会社が力を入れているのが父道高雀補色保様(または人身傷害補償特約)だ。

 

自分自身や家族を手厚く補償することができる。

 
交通事故では当事者双方に責任が認定されることが多い。

 

ごうした場合、自分の責任分は相手かう賠償してもらえない。

 
単独で電柱に衝突したような自損事故の場合も、賠償金はまったくもらえない。

 
同乗者であっても家族以外の他人なう、指父齢詰長践を使うことができるが、一般的なセット保険のなかで自分や家族の死傷をカバーできるのは搭乗者傷害保融だけ。

 

しかも、大きな保険金が支払われるのは死亡時ゃ援金百告がある場合のみ。

 

ケガの場合に支払われる医療保険金では、治療費のすべてを力バーできるとは限らない。

 

そこで登場したのが人身傷害補償保険だ。

 

相手に賠償してもらえ芯い自分の責任分を補償してもらえる。

 

自損事故の場合はもちろん、100%加害者になった場合でも、自分や家族の死傷をカバーすることができる。

 

 

支払いや交渉にもメリット

 

人身傷害補償保険は、これまでの自動車保険で補償され芯い部分をカバーできる以外にも、さまざまなメリットがある。

 
相手のある事故の場合、示談交渉がまとまったり裁判が終わるまで賠償金が支払われないのが普通だ。

 

かなり時聞がかかるとともあり、当座の治療費にこまることもある。

 

しかし、人身傷害補償保険を契約していれば、自分の保険会社が被害の総額を算定し、その全額を保険金として支払ってくれる。支払いまでの期間も短
く、スピディに対応してくれることがほとんど。

 

相手からの賠償金の回収は、自分の保険会社が行ってくれる。

 

また、100%被害者の場合、自分のセット保険かうは保険金の支払いがないため、相手との交渉に自分の保険会社が参加しないことが多い。

 

ブロである相手側の保険会社の人間と個人で交渉を行うのは大変だ。

 

しかし、人身傷害補償保険を契約していれば、こうした場合の交渉もすべて自分の保険会社の人聞にまかせることができる。

 

 

さまざまな交通事故の補償

 

保険会社によって内容は少しすつ異なるが、人身傷害補償保険は保険を契約しているクルマに乗っている時ばかりでなく、さまざまな交通事故でも補償されることが多い。

 

ほかのクルマに乗っている時はもちろん、歩行中や自転車乗車中の交通事故も対象にされるとともある。

 

契約したら、どのような事故が対象になっているかを確認しておくべき。

 

せっかく補償されているのに、請求しなければ保険金は支払われない。

 

 

Write a comment